リンパ腫れ
リンパで首が腫れたり痛みがでる場合の原因や治療方法について解説
スポンサーリンク

トップページ >リンパ腫れウイルス

リンパ腫れウイルス

ウイルスリンパ腫れウイルスとは、体中に、細菌やウイルスが侵入してきた際に、リンパ節で細菌やウイルスに対して白血球やリンパ球が抵抗することによって、リンパが腫れたり痛みを伴う症状のことです。

こうした働きは、正常な人間の体であればごく自然なことなので、リンパ腫れウイルスによって体のいくつかの部位が腫れたり痛みを伴っても必要以上に心配する必要はありません。

しかし、放置したまま自然治癒に任せるのではなく、医師の診察を受けて、適切な措置を施すことが早期の完治に結びつきます。

スポンサーリンク


リンパが腫れてウイルスになりやすい人

腫れリンパ腫れウイルスになりやすいのは、体の免疫力が低下していたり、脇の下などに傷口があって炎症を起こしている時などです。リンパ腫れウイルスにおいては、発熱や痛みはそれほどでもありません。

たいていの場合、複数のリンパ節が腫れているのが特徴です。脇の下とか足の付け根、後頭部の髪の生え際から耳の前後、首筋からアゴにかけてのラインなどが何ヵ所か腫れてしまうわけです。

スポンサーリンク



このような症状が現れてもあわてずに冷静に対処することが必要です。抗生剤などの投与による効果はあまり期待できません。安静にしてしばらくの間は体をゆっくり休めることがポイントです。こうして、時間の経過とともに自然に腫れが引いてきます。