リンパ腫れ
リンパで首が腫れたり痛みがでる場合の原因や治療方法について解説
スポンサーリンク

トップページ >リンパ腫れ原因

リンパ腫れ原因

リンパが腫れる原因は様々です。年齢や性別に関係なく突然症状がでる場合もありますが、遺伝とも特に関係ないようです。
一般的にウイルスや細菌が侵入することによって起きるウイルス性リンパ節炎という病気もありますし、風邪などが原因で腫れることもあります。

これらの場合は体内に入り込んだ細菌やウイルスがなくなったり、風邪が治ったりすると自然と腫れも引いていきます。
目に見えて大きく腫れている場合はその見た目に反して症状のピークは終えていることが多いです。5段階に分けて考えると皮膚表面に浮かび上がってくる場合はレベル2程度考えて、完全に膨らんだ場合はレベル5程度と考えて下さい。

スポンサーリンク


治療方法

強弱にかかわらず 腫れる原因ウイルスや風邪が原因で起こったものは、とても安静になり抗生物質などを適宜に投与する治療などが繰り返し行われるものです。

原因不明の亜急性壊死性リンパ節炎という病気は数カ月間も腫れが続くことがよくあります。
この病気の名前からして不吉であまり響きのよいものではないですが、命には特に別状のない病気なので安心してください。

今現在これといった治療法はなく、極力安勢にして、激しい運動をしなければ自然に引いていきます。人によっては1ヶ月程度で治る方もいれば3ヶ月かかる人もいます。よって目安的には数か月と考えてみては如何でしょうか。

ここまでに紹介した症状は命を脅かすものではありませんが、腫れている状態だけではどの病気が原因か判断することができませんので、必ず病院で診察してもらってください。 病院では日々の体について、きずいたことを細かく説明したほうがいいでしょう。

スポンサーリンク


手術

手術をするまでに至ると体の内部では悪性のものや扁桃腺炎などの重い病気が発見されることがよくあります。
体内にできた悪性のものはほとんどが、がんですので治療が遅れると命に関わりますし、扁桃腺炎の病状が深刻だと扁桃腺を取り除く手術をしなければいけません。抗がん剤ではなく先ずは外科的な手術が実行されると思いますが、先生とよく話をしてご自分が一番いいと判断した方法がいいかもしれませんね。